• 組込みシステムの試作
    • FPGAプロトタイプ
    • 論理設計
    • 機能検証

コンピュータ・システムは、ハードウェアとソフトウェアから構成されます。 ハードウェアは、多くの場合、汎用のパソコンやサーバーが用いられますが、 組み込み用途では専用に開発されたコンピュータ・ボードが利用されます。

汎用のパソコンやサーバでコンピュータ・システムを構築すると、特定の処理がボトルネックとなり、 システム全体の処理能力が低下することがあります。 また、汎用のコンピュータでは消費電力の要件を満たさない場合があります。

高額な汎用コンピュータを利用する代わりに、特定の機能を高速に処理するハードウェアを追加することで、 コストパフォーマンスの高いコンピュータシステムを実現できる場合があります。 ハードウェア・アクセラレータのプロトタイプを製作することで、汎用コンピュータとハードウェアアクセラレータを利用した場合のコストパフォーマンスの検討を、より高い精度で行うことができるようになります。 特定の機能を高速に処理するハードウェアとしては、GPU(Graphics Processing Unit)やFPGA(Field Programmable Gate Array)があります。